kojima-021

日本人のためのアメリカンバストの作り方

アメリカ人や欧米人のような「パンッ!」とした外人のようなハリのあるバストに憧れたことはありませんか?痩せているのにふっくらとしたパンパンにハリのあるバスト・・・。

このアメリカ人のようなバストを手に入れれば男性はイチコロです。海や温泉に行けば同性の視線も一気に集めることになるでしょう。女性としても魅力も増してナンパをされる回数も今まで以上に増えるかもしれませんね。

男性もこういうハリのあるバストは大好きな人が多く、男性が選ぶ触りたいバストとしてよく話を聞きますね。豊胸したかのように胸だけ大きく引き締まったボディラインを日本人も手に入れられます。

もし、こういうバストが手に入るとしたら、ちょっと知りたくありませんか?今回はそんなアメリカンなバストの作り方について話していこうと思います。

アメリカンバストとは?

アメリカンバストとは胸の脂肪だけがはち切れんばかりに膨れ上がった「おわん」のようなバストのことを指します。欧米のモデルさんに多く見られると思います。引き締まったボディラインでバストだけ大きい・・・。

表現があまり良くないのかもしれないですが、おっぱいのところだけ肉感のある脂肪が凝縮されているようなバストです。同じ同性としても憧れる体型ですよね。男性も同じように好きなようで一度はその胸に包まれたいと妄想を膨らませる人も多いそうです(苦笑)。

日本人とアメリカ人のバストの違い

ここでは欧米系の人と日本人のバストの違いについて詳しく話していこうと思います。この違いを知ることがアメリカンバストを作る鍵になるので頭に入れておいてくださいね♪

違い(1):脂肪の量が違う

これはそもそもの話なのですが、脂肪の量が違います。アメリカ人は比較的ふくよかな体型が健康的と思う人たちが多いので日本人ほどモデル体型に固執することはありません。

日本人は『モデル体型(痩せ型)=ステータス』と思っている人が多く、ダイエットに励みすぎるあまり胸に脂肪がつきにくい体質と言えます。アメリカをはじめとした欧米人は食べた分だけ消費すればいいと考えている人が多いようです。

なので、脂肪のつきやすさが違うと言えます。おっぱいを構成しているのが9割の脂肪と1割の乳腺なので脂肪のつきやすさというのは非常に重要ですね。脂肪がつかなければバストアップすることはできないですから。

違い(2):食事の質が違う

上記の脂肪の量が違うという話と関連してくるのですが、食事の質が違います。どちらかというと日本人の食事というのは育乳にはあまり向いていません。

どういうことかと言いますと、主食を中心とした食事では脂肪分を摂取することが難しく、脂肪よりも乳腺が発達してしまいます。バストアップの基本は『脂肪が増えた分だけ乳腺が発達する』なので、食事も見直していく必要があります。

欧米系の人たちの食事はというと、野菜、肉、魚などの前菜とメイン料理だけというのがほとんどです。それでもなおお腹が満たされていない場合に限り、パンを食べるというスタイルです。こちらがアメリカの家庭料理です。

このことからもわかるように、欧米人は栄養バランスのとれた食事を中心に主食を食べるというスタイルです。これを行うことでたんぱく質が脂肪に変わるということです。

アメリカンバストの作り方

american

アメリカンなバストの作り方は基本的には食事です。急速に変わるものでもないですが、食事を変えればだんだんと体質も変わり、アメリカ人ばりのハリのあるバストになっていきます。

では、具体的にはどういうところから変えていけばいいのかというと・・・。偏った栄養バランスではなく、バランスの良く栄養を摂取しているという前提のもと話を聞いてくださいね。

まず、大事なのがタンパク質中心の食事ということです。先ほどのアメリカの家庭料理の写真を見ていただくとわかりますが、肉、豆が食事の中心となっています。そして料理の脇にあるのがパン(主食)です。

Cafegoogirl_61566_1

他にも魚をよく食べていたりするのですが、もう1つ注目して欲しいのが「油分」です。アメリカの食事と聞くと、ハンバーガーやステーキ、フィッシュ&チップスなど、ヘビーな印象を受けませんか?

揚げ物が大好きで太りやすい、太っているイメージを持たれているかもしれませんね。ですが、この「油分」はタンパク質と同じくらい重要なのです。前述の通り、バストを構成しているのは9割の脂肪と1割の乳腺です。

なので、良質な油分を適度に摂取することで育ちやすい胸を作れるということです。油分の摂取のしすぎは健康を通り越して太ってしまう原因になるので気をつけたいところですね。

良質な油分とはエクストラバージンオリーブオイルやココナッツオイルなどです。エクストラバージンオリーブオイルであれば近場のスーパーにも売っていると思うので、ぜひ買って摂取してみてくださいね。

栄養バランスが整っていて、タンパク質と良質な油分を適度に摂取できれば、だんだんとアメリカ人のようなハリのあるバストを作れるということです。

まとめ

あなたが摂取したものが、あなたの身体を構成しています。なので、食生活を見直すことでだんだんとバストアップしやすい体質になっていきます。日本にいても欧米のような食生活をしている人はアメリカ人のようなバストの人が多いです。

バストアップに遺伝はそこまで関係ないので、バストアップしやすい体質にするためにまずは食事を見直してほしいと思います。アメリカ人のようなハリのあるバストを作っていく上で重要なのが以下のものです。

  • タンパク質中心の食事
  • 良質な油分(エクストラバージンオリーブオイルやココナッツオイル)

栄養バランスが整っていない状態で、上記のものを中心に摂取をしても栄養が吸収されにくいのであまり意味がない状態です。栄養バランスを整えた上でタンパク質や油分を摂取してみてくださいね♪

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る