kojima-021

高校生が最初にやるべき5つのバストアップ方法

今回は高校生が最初にやるべきバストアップ方法を5つ紹介します。バストアップの基本にもなっているので、高校生以上の方にも参考になると思います。バストアップはこれが大前提なので、しっかりと押さえておいてほしい5つを載せておきます。

高校生くらいであれば、これをやるだけですぐに大きくなるんじゃないかなと思います。高校生じゃなくてもブラジャーのつけ方なんかで1サイズ、2サイズすぐに上がる人も多いとおもいます。それぐらい基本的で効果も抜群なので試してみてください。

中学生、高校生が一番最初にやるべきバストアップ方法

私自身もそうだったのですが、だいたいの人が胸の大きさが気になり出すのが高校生くらいです。周りの友達が徐々に大きくなりだして、露骨に胸の膨らみに差がで始めるのも高校生くらいだと思います。

私から言わせれば、高校時代に胸があまり成長していなくてもほとんどの人が20代でCカップくらいにはなるので心配しないでください。人よりもちょっとだけ成長が遅いだけです。生理が遅いか早いかと変わらないので安心してくださいね(*^o^*)

では、これから具体的にどういうことをしていけばいいのか話していきますね。難しいことは話していないので可能な限り生活の中に取り入れてくださいね。

しっかりと熟睡すること

1211091051362382

バストアップのみならず、「美」を追求する上で切っても切り離せないのが睡眠。質の高い睡眠をとることでホルモンバランスが自然に整うのでバストアップ効果のみならず、肌荒れのない綺麗な肌を保つこともできます。

質の高い睡眠とは、「深い睡眠」ができているかどうか、です。つまり「熟睡」できているかどうかです。「寝たはずなのに、寝た気がしない」なんてことはないですか?もし心当たりがあるなら、あなたは熟睡ができていないという可能性が極めて高いです。では、どうすれば質の高い睡眠をとることができるのかというと、

  • 就寝前に39度前後のぬるま湯に20分浸かる

Woman in bathtub

就寝前に入浴することでリラックスすることができるので、深い眠りにつきやすくなります。半身浴でも同じ効果が得られるので半身浴でも大丈夫です。ただし、ぬるま湯の温度が40度を超えてしまったり、逆に低すぎてしまうのは、のぼせてしまったり、興奮状態になってしまうのでやめてくださいね。

  • ホットミルクを飲む

9ef4ea522ff4cc1f4dac8e763cc589c9

ホットミルクを飲むことで「メラトニン」という人を睡眠に誘うホルモンを多く分泌することができるようになるので、寝る前に1杯のホットミルクを飲むのもいいと思います。ホットミルクを飲むことで落ち着くこともできるので睡眠の質を上げたい時にはオススメです。

また、よく言われるゴールデンタイム(22時〜2時)に睡眠をとっていることもホルモンバランスを整える上ではかなり重要になってきます。成長ホルモンがよく分泌されるのも、美肌をつくり出すのもゴールデンタイムと言われています。なので、遅くても11時には就寝していたいですね。

サイズの合ったブラジャーを正しくつけること

正しいブラジャーの着用方法については動画で詳しく解説したのでこちらを見てください。

人によってはブラジャーを正しくつけるだけで1サイズ上がる人もザラにいます。ですが、ブラジャーを正しくつけられていないと、以下のような問題を引き起こしてしまいます。バストにとって悪影響しかないので正しくつけられるようになりましょう。

  • 左右のバストのバランスが悪くなってしまう
  • バストの形が悪くなる
  • 左右非対称の離れた胸になる
  • バストアップの妨げになってしまう
  • 垂れてしまう

栄養バランスに気を使う

育乳にうまくいかない人のほとんどが偏った食生活をしています。偏った食事をしていると栄養が十分に吸収されません。なので、必要な栄養素がおっぱいはおろか、身体に行き渡らなくなります。

バストアップに栄養は必要不可欠なので、この状態でどんなにタンパク質を摂取しても、どんなに効果のあるバストアップ方法を試しても全くもって意味がない結果になります。バストアップの効果を無効にするといっても言い過ぎではないくらいです。

それくらいバストアップ、育乳において「栄養」というのは重要ということです。「ちょっと食べ過ぎたから断食する」とか「ダイエットのために炭水化物抜き・野菜だけ」みたいなことは絶対にやめてくださいね。偏食はバストアップの敵です。バランスの良い食生活は、身体作りの土台とも言えます。

正しい姿勢を保つ

猫背

姿勢が悪いと第一印象が悪くなってしまいます。背中が丸まってしまうので、バストが余計に小さく見えてしまいます。女性は「見た目」が大事ですよね?意識的に姿勢を良くしてください。また、姿勢が悪いことで胸が育ちにくくなってしまったり、胸の形が崩れてしまう原因にもなってしまいます。

猫背はおっぱいを支えている「大胸筋」を衰えさせて、綺麗なバストを形成するために必要な脂肪をつきにくくさせてしまいます。姿勢を正しているだけでも、上向きの綺麗なバストに見せることができるので、猫背というだけで損しかないですね。

授業を聞いていると肩が内向きになるのでバストが垂れがちだったり、貧乳の人が多いです。それは前かがみになる時間が長いので前述ように育ちにくくなってしまうからです。意識的に背中をそらすようにしてください。

また、休憩時には腕を回して肩胛骨を刺激して柔らかくすることで姿勢を正しやすくなります。それでも猫背になってしまいがちな時は、猫背矯正ベルトも売っているのでそういう道具を使ってもいいと思います。

太ってみる

痩せている人の多くは栄養素不足が考えられます。いち早く太りたいという方におすすめの方法が『食事療法の変更』です。食事方法と言ってもたくさんあると思いますが、夜にタンパク質を摂ることや、夕食に栄養を摂取をすると比較的脂肪に変わりやすいようです。

楽してタンパク質を摂る方法

★睡眠前、夕食前にプロテインを摂取する。

★食事にささみを取る。

★主食ではなく、肉や、おかずをメインに食べていく。

日本人は特にタンパク質不足と言われがちですので、タンパク質を補い、まずは太ることを意識してみてください。タンパク質は分解されると脂肪に変わるのでタンパク質を摂取するのはかなり有効ということです。

太ってからのダイエット

太ってダイエットをすることで、胸の脂肪だけが残ります。これは理想なのですが、胸から痩せていってしまう場合にはダイエット方法を見直す必要があります。(今回はダイエットの話ではないのでダイエットの話はしませんが。)

太ってからダイエットに成功して一層美ボディを手に入れたのが深キョンこと深田恭子さん。彼女は一度激太りしてから現在はものすごく女性らしい体をしていますね。同じ女性から見ても憧れる体型をしていますね。

深田さんは、シンプルですが適度に太ってから胸を残して痩せることができればバストアップしやすいという典型的な例を示してくれた人ですね。私もバストアップする前と現在では今の方が体重が多いです。おっぱいは脂肪でできているので当たり前と言われればそれまでですが。

中学生、高校生がバストアップのためにやってはいけないこと

いきなりサプリメントを頼るのは控えましょう。若いうちからサプリメントに頼ってしまうと成長ホルモンとぶつかってしまい、ホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。そうなるとバストの成長の妨げになってしまいます。

やっぱり一番は自然に体で生成されたホルモンでバストアップすることなので、サプリメントを使うのは20歳を超えてからにしましょう。そしてサプリメントを試す場合には上記の5つの基礎を固めた上で大きくならなかった場合に使うようにしてください。

そして注意して欲しいのが、「サプリメントを使えばバストアップする」というのは妄想です。栄養バランスが整っていない人や姿勢が悪い人、リンパの流れが悪い人がサプリメントに頼っても大きくなりません。しっかりとバストアップしやすい身体の環境を整えた上でサプリメントを服用しないと大きくなるものも大きくなりません。

まとめ

今回は高校生がまず行って欲しいバストアップ方法についてまとめました。高校生と言えど、行うバストアップ方法は大人とほとんど変わりません。これがバストアップの基本です。これを続けてってもらったら自然と大きくなってくると思いますよ(*^o^*)

そして、まだまだ若いので焦ってサプリメントに手を出さないようにしましょうね。もしかしたらまだ身体が出来上がっていないので副作用なんかも出てくるかもしれません。ホルモンバランスが乱れてしまうのでサプリメントは控えましょう。

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る