kojima-021

垂れおっぱいの原因はあの姿勢が原因だった

よく、痩せているから胸が小さいとか、栄養不足で胸が大きくならないなんていう原因が多いと思いますが、実は他にも要因があったのです。胸が小さい人の原因は「猫背」さんに多いんです。

緊張してしまって猫背になってしまったり、ノートを写す時ついつい背中が丸くなって書いていた…。なんてことはありませんか?その猫背の姿勢のせいで、いくらバストアップを頑張っていてもバストアップしてくれないのです。

あなたのバストが上がらないのは猫背のせい

バストが下がっている人の多くは猫背の方が非常に多いです。というのも、最近スマホや、タブレットを使う方が多くなり、猫背の姿勢や、曲がった姿勢でゲームや、スマホで連絡をとるようになり急激に猫背の方が増えました。

猫背の原因は同じ姿勢のまま過ごしていることです。猫背の方は姿勢を伸ばすと疲れてしまうことはないですか?一度猫背になってしまうと、気をつけない限り、猫背の方が楽になり背筋を伸ばしていることがだんだん辛くなっていくのです。

猫背がもたらす体の影響

猫背では方が内側に向いていて、胸部全体が圧迫されている状態なんです。猫背で背中が曲がっていると頭を支える方の筋肉が力んでしまい、肩こりがひどくなってしまいます。

肩こりになるとちょうど鎖骨あたりから流れるリンパや、血液の循環が悪くなることで、全身が冷え、栄養素が回らなくなってしまうのです。また、人間は毎日老廃物が出ますが、その老廃物が余計な部分にたまってしまい、バストアップしないのです。

猫背改善方法

猫背は普段の生活で少し意識するだけでだいぶ変わりやすく、効果もすぐに体感できるものです。まずは、簡単な猫背解消ストレッチと、普段気をつけるポイントを説明していきます。

猫背解消ストレッチ

肩甲骨を回すことで、肩の骨が動き、背骨がまっすぐになりやすくなります。5分くらいで終わるので、あなたも一緒に行ってみましょう。

①両手を肩に当てて上のようなポーズをとります。

②肩を回すように内回しで回してみましょう。

※ここでポイントなのが、前にきた時に肘をくっつけるようにして、肩甲骨を回してみてください。

③この前回しを7回、次は後ろ回しも同様に7回です。

オフィスでも猫背改善(座り方講座)

デスクワークや、普段勉強で椅子に座っている方要注意です!ずっと同じ体勢で座っている方は、特に猫背になりやすいのです。

まず、背中を伸ばそうと意識してしまうと疲れてしまい、継続させることは難しいですよね。でも、考えずに猫背が治ったら、楽だとお思いませんか?それが、座り方にポイントがあるのです。

①まずは、座る時は深く、背もたれにつくくらいまで腰掛けてください。

②座ったらお腹に力を入れて、骨盤を立たせるように座ってください。

③脚も極力組まないようにして座ると骨盤もずれず、綺麗な姿勢になれます。

まとめ

バストが小さい人の共通点は「猫背姿勢」です。猫背だとバストが大きくても内側に入ってしまうので、大きく見えるものも、他人からの見方は小さいおっぱいです。猫背を改善するだけで、血液の流れは良くなり、全身の体温も上がるので、健康的になります。

猫背改善方法は、ストレッチと、普段の座り方を変えるだけなので、あなたの意識改善だけでサクッとバストアップができちゃうので、ぜひ、今日の夜から実践してみてくださいね♡

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る