kojima-021

バストにふっくらとしたハリをつける3つの食べ物

BvsZC6w7_14367595591-1

こんにちは、MAIです。今回はバストにハリを持たせてくれる3つの食べ物について話していきます。なかなかバストアップしていかないのはハリが足りないからかもしれません。バストアップするからデコルテにハリがつくのではなく、デコルテにハリがつくからバストアップするのです。

ふっくらとしたハリをバストに持たせることはそこまで難しくありません。今回はその中でも食べ物・食事でハリを持たせる方法を詳しく話をしていこうと思います。

バストにハリを持たせてくれる3つの食べ物

レバー

s_000n

まず1つ目はレバーです。レバーにはたんぱく質やビタミンAが豊富に含まれています。たんぱく質は女性ホルモンの生成量を増やしてホルモンバランスを整えてくれるのでバストアップにおいて重要ですね。余剰に摂取した分は脂肪に変わるのでデコルテ部分にハリを持たせてくれます。

ですが、今回お話ししたいのはビタミンAの方です。ビタミンAがなぜハリを持たせてくれてバストアップになるのかというと、ビタミンAには皮膚や粘膜を正常に保つ作用があります。これによって女性ホルモンの分泌量が増えます。肌のハリも出てきて肌も綺麗になってくるので艶やかで触り心地の良いバストになっていきます。

形や触り心地の綺麗なバストを作るためにはビタミンAを摂取した方が良いということです。それだけでなく全体的に綺麗になれるのでメリハリのある身体になっていきます。

キャベツ

バストアップにキャベツがいいと言うと、「はいはい、『ボロン』でしょ?」と思われるかもしれませんが、そんな話をする気はありません。もっと他に注目すべき栄養素が多く含まれているのでそちらを紹介します。今回はボロンではなく、ビタミンCの話をしていきます。

ビタミンCがバストアップとどう関係してくるかというと、ビタミンCはクーパー靭帯の補強や修復をしてくれます。このクーパー靭帯が伸びてしまたり切れてしまうと元に戻らない上に、垂れたバストになってしまいます。垂れたバストが戻ることはもちろんありません。そんなの嫌ですよね。

クーパー靭帯はコラーゲンでできているのですが、このコラーゲンを体内で生成するときにビタミンCが必要になってきます。なのでビタミンCを多く含むキャベツのような食材を食べるとバストアップにもなりますし、肌も綺麗になっていきます。

ちなみに、レモンやみかんのような柑橘類はビタミンCが豊富に含まれているというイメージを持たれているかもしれませんが、実際はそこまで多く含まれていません。なので、今回はキャベツを紹介しました。ボロンも含まれているので一石二鳥ですね。

アーモンド

最近ではコンビニとかでも売ってるアーモンドです。アーモンドは太りにくく腹持ちもするのでダイエット食としても注目を集めていますよね。そのアーモンドもバストアップにつながります。

どういうことかというと、アーモンドに含まれているビタミンEが効果的なのです。ビタミンEを摂取することで血液の流れが良くなります。これによって女性ホルモンの流れが良くなって女性ホルモンが正常に作用するようになります。

血液や女性ホルモンの流れが悪くなっていてバストアップできない人も少なくないので、こういうできることから取り組んでいってほしいですね。アーモンドであれば1日に20〜30粒食べるだけで1日に十分なビタミンEを摂取できます。

腹持ちもするのでおやつには最適ですね。また、太りにくくてダイエット向きの食材なので、ウエストラインがシュッとするのでトップバストとアンダーバストに差が出てバストアップしていきます。

まとめ

今回は少し難しい話をしました。普段はあまり語らないですが栄養素、特にビタミンとバストアップの親密な関係性の話をしました。ついてこれましたか?難しい話はともかくとして、レバーとキャベツとアーモンドが効果的だということを覚えておいてください。

また、味にも飽きてしまうと思うので、それぞれのビタミンを多く含む食材を調べて摂取するのもいいと思います。私のデスクにはファミリーマートのアーモンドが入っているのは会社には内緒です。あなたも試してみてくださいね♪

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る