kojima-021

玉ねぎはバストアップの魔法の食材?

こんにちは、MAIです。今日は玉ねぎが持つバストアップ効果について話をしていきます。私も一番最初に聞いた時は「玉ねぎ?」と驚いてしまいました。スーパーで売っているあの玉ねぎにバストアップ効果があるんです。

あまりにも身近すぎてビックリしました。だって「玉ねぎ」ですよ?これを知らなかった一人暮らし時代の昔の自分に教えたいぐらいです。知られざる玉ねぎでバストアップ効果を得られるワケを話していきます。

なぜ、バストアップに玉ねぎ???

玉ねぎでバストアップってすごく興味性がありますよね。ただのカレーに入れる野菜にしか思っていなかったのですが、バストアップ効果があるんだったら毎日でも食べたいと今では思います。すぐに手に入るので試しやすいですよね。

では、なぜ玉ねぎを食べることでバストアップするのかを話していきますね。玉ねぎをはじめとしたねぎ属の食べ物には「硫化アリル」が多く含まれています。「硫化アリル」というのは玉ねぎを切った時に涙を引き起こすものです。

この「硫化アリル」が中心になって血液をサラサラにしてくれるので、そのサラサラの血液に乗って栄養や女性ホルモンが全身に行き渡るようになってバストアップしやすくなるのです。

20120715_3024098

また、玉ねぎにはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノール自体も血液をサラサラにする働きをするのですが、その他に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を加速させてくれる働きをします。

なので、玉ねぎを食べると血液がサラサラになる+女性ホルモンが活発になるのでバストアップしやすい胸に育っていくというわけです。玉ねぎを食べるとバストアップしやすいというこの説明を聞いて納得しましたね。

日本人の平均バストサイズがAカップなのに対して、フランス人の平均バストサイズがCカップです。食事を意識するだけでここまで差が出ます。あなたも飲めるのであれば食事の時に赤ワインを飲むとさらにバストアップしやすいかもしれないですね。

まとめ

玉ねぎにはバストアップに必要な栄養素が多く含まれています。特に「硫化アリル」というのは血液をサラサラにしてくれるので全身に必要な栄養素や女性ホルモンを届けてくれるのでバストアップしやすいということです。

また、ポリフェノールも含まれていて、ポリフェノールも血液をサラサラにしてくれる要素です。ワインの生産国で有名なフランス人女性の平均バストサイズが日本人よりも2カップも上なので結果が物語っていますね。

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る