kojima-021

コーヒーを飲むと貧乳に?!

あなたは一日何杯のコーヒーを飲みますか?普段1杯から2杯くらいなら大丈夫ですが、気分転換に毎回休憩時間はコーヒーを飲んでいる方はその行動が貧乳の原因を作ってしまっているかもしれません。

スウェーデンの研究ではコーヒーは貧乳になるとの結果が…。

スウェーデンの大学教授「ヘレナ・ジャンストーム博士」の研究によると、1日に3杯以上のコーヒーを飲んでいる女性は胸が小さく、貧乳になる確率が高いとの発表を出しました。

ヘレナ博士は300人のスウェーデン女性に対し、胸の大きさと、1日のコーヒー摂取量を図り、調査をしたところ、1日3杯以上コーヒーを飲む女性は約17%のサイズっが縮小してしまったという実験結果になったのです。では、なぜコーヒーを飲むとバストが下がってしまったのか。

コーヒーの副作用

コーヒーには主にカフェインが多く含まれるため、原因は「カフェイン」摂取の取りすぎが考えられます。

カフェイン摂取のメリット

一般的にカフェインはよくダイエッターさんの中では話題で、脂肪燃焼効果があったりします。また、コーヒーにはポリフェノールが多く含まれているため、動脈硬化や、糖尿病の予防には最適です。

カフェイン摂取のデメリット

カフェイン摂取のデメリットは覚醒作用があり、仕事など眠くなった時に飲むとリフレッシュされるので適していますが、夕方から夜中にかけての摂取は睡眠の妨げになります。女性は特に夜の22時から2時は「美容のゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯なので、なるべくカフェインを摂らないことがお勧めです。

カフェインの摂取がもたらす体の変化

また、カフェインを摂り過ぎてしまうと、鉄分の吸収を妨げたり、自律神経の機能を低下させる働きがあるため、バストアップに必要な「女性ホルモン」の活動を低下させてしまいます。女性ホルモンの分泌を妨げてしまうと、いくら脂肪燃焼効果や、ポリフェノールで血液の循環をスムーズにしてもバストアップ効果はなくなってしまいます。

実はカフェインが入っているのはコーヒーだけではなかった

それなら、コーヒーを毎日3杯以内に済ませればいいだけなら簡単だと思っていませんか?実はカフェインが含まれているのは、コーヒーだけではないのです。カフェインが含まれているものは以下の表にまとめてあります。

コーヒー以外にも、紅茶やココアにはカフェインが含まれていますので、コーヒーを3杯以内にしても他の飲み物でカフェインを摂っていたらコーヒーを飲むのと変わりがありません。他の飲み物にもカフェインが入っているということは頭に入れておいてくださいね!

コーヒーの効果的な飲み方

普段ブラックで飲んでいる方

毎日コーヒーの摂取を3杯以内にするか、最近はノンカフェインのコーヒーが販売されているので、こちらのカフェインを飲むように切り替えてみてください。

私が普段飲んでいるノンカフェインのコーヒーはネスカフェのコーヒーです。スーパーなどでも売っているので、ミニサイズだと会社に持っていけるので、お勧めです。

ミルクコーヒーにしている方

ブラックコーヒーは飲めないけど、眠け覚ましにコーヒーを飲んだり、コーヒーミルクなど飲んでいる方は、ミルクではなく、豆乳を入れるようにしてみてください。

豆乳には、イソフラボンが入っていて、「女性ホルモン」と同様の働きをする「エストロゲン」の効果があります。ミルクのかわりに入れることで、不足してしまう女性ホルモンを豆乳でまかなえるので、一石二鳥ですよね。ぜひ、明日のコーヒーからは豆乳を入れて飲んでみてくださいね!

まとめ

スウェーデンの「ヘレナ・ジャンストーム博士」の研究で、毎日コーヒーを3杯以上飲む方は貧乳が多いとの結果に…。そのコーヒーにはカフェインが含まれていて、カフェインの取りすぎにより、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌を妨げてしまう働きがあるからです。

カフェインは紅茶などにも含まれているため、1日の摂取はカフェイン量180mlくらいに抑えた方がいいため、コーヒーを飲むときのポイントはコーヒーに女性ホルモンと同様の働きを持つ豆乳を入れて飲むと効果的です。

普段コーヒーなどカフェインの摂取が多いなと思う方は摂取量に意識してみるとバストの張りや、膨らみが変わってくると思うので、明日から実践してみてください!

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る