kojima-021

おしりを柔らかくするだけで、バストアップ!

お尻を柔らかくすると骨盤の歪みがなくなる

お尻が硬い人は骨盤がゆがんでいたり、曲がっている方が多いです。普段使っていない筋肉ですが、その筋肉が実はバストアップには重要なのです。お尻の筋肉は骨盤を支える重要な筋肉であり、骨盤が歪むことで、生理不順になり女性ホルモンバランスを崩してしまうのです。女性ホルモンの分泌が不規則になるとバストもなかなかバストアップ効果が感じられませんよね。

女性ホルモンの大敵は血行の悪さが原因

お尻のコリからくる女性ホルモンの異常ですが、お尻がコルと女性ホルモンバランスが崩れてしまうのか。それは、お尻がコルとお尻が冷えていき、血行不良を起こすため女性ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

ですが、ほとんどの方がバストとお尻は離れているため、お尻の筋肉をほぐそうと考えたり、骨盤を直そうとはしていないのです。バストアップにはおしりの筋肉をほぐし骨盤を正しい位置に戻さない限りはうわべだけのストレッチなので、持続性がありません。

まずは、原因となっているところを取り除いてからバストケアを行うと効果は今までの2倍です。ただ、お尻の筋肉はデスクワークの仕事をしていると重みがかかり、また同じ姿勢のまま動かないことが多いため、筋肉がすぐに固まってしまいます。固まる前にコリを取り除く必要があるため、できれば毎日ストレッチを行うことをお勧めします。

時短でもできるので、ベットの上で寝る前にストレッチをしてからでも大丈夫ですので、気になったらすぐに行う習慣をつけておくといいと思います。

柔らかスッキリエクササイズ

お尻歩きは最短で、骨盤矯正ができ、また短時間でできるため時短でできるエクササイズです。また、お尻歩きはヒップの筋肉を和らげるだけではなく、深部の筋肉を鍛えられるため、新陳代謝の向上にもつながります。

【お尻歩き】

まずは、両足を伸ばして床に座ってください。次は、腰を前後に動かしながら、お尻を使って前に進み、そのまま元いた場所に同じようにして戻ります。この前後の動きを往復で1とカウントし、5回行います。だいたい3回目くらいでじわじわと汗も出てくるため、水分補給をしながらでも大丈夫です。

※普段使わないお尻の筋肉を使ってのエクササイズなので無理をせず、また、腰を痛めるため硬い床の上で行うのではなく、タオルや、ブランケットを下に敷いてから行ってくださいね。

【筋肉ほぐしヨガ】

1:仰向けになり両膝を抱えます。

2:卵のように丸くなり左右に転がります。

3:背中の筋肉、お尻の筋肉が柔らかくなるようにゆっくり気持ちがいいくらいにゴロンゴロンと動きます。

※この時にしっかりと鼻から息を吸い、口から吐く腹式呼吸をしながら行うと体に綺麗な空気が入るため、一緒に行える人は行なってみてください。

まとめ

日常生活の中ではお尻を使ったエクササイズはほとんどしません。ですが、お尻の筋肉は骨盤を支えるための大切な筋肉なのです。バストアップに重要なことは骨盤の歪みを取り除き、骨盤から繋がっている背骨の筋肉のコリをほぐすことでバストアップ効果が期待できます。

ヨガではほとんどあぐらをかき、お尻の筋肉を自らほぐす運動を行なっているため、毎日のおようにヨガをする方は骨盤が整っているため何もしなくてもバストアップ運動をしているのです。あなたも是非ヨガではなくても構いませんが、お尻の筋肉をほぐすことを意識してみてくださいね。

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る