kojima-021

パンとコメ、バストアップするのはどっち?

日本人は普段からコメを食べていますが、実際のところ、お米とパンはどちらがバストアップに効果があるのかご存知ですか?今日は効果的な主食の取り方について検証していきます!

バストアップに必要な栄養

バストアップのためには、タンパク質と、脂肪分を摂ることが大切です。パンやご飯は炭水化物に分類され、糖分などバストアップには最適なエネルギーが含まれています。バストアップのためには、体脂肪率を下げすぎず、女性ホルモンを活発にすることが大切です。

よく、炭水化物を摂ると、太るから摂りたくないとか、お腹いっぱいになるから摂りたくないとか炭水化物を取らない人もいますが、バストアップにとっては炭水化物は抜かすべきものではないのです。

胸のつくり

そのそも胸の作りは胸筋があり、乳腺、乳頭とありほとんど、脂肪組織となっています。そのため、胸の脂肪を蓄えるためには炭水化物は必要不可欠なのです。胸のつくりは上記の画像のようになっていて、薄ピンク色の部分はほとんど脂肪です。この画像を見るとわかるように、バストアップのためには脂肪が約80%を占めるので、脂肪をつけることが大切というのもわかりますよね。

そのためにも、糖分が多く含まれ、脂肪のもとになる炭水化物を摂ることは重要ですが、ただ、炭水化物だけだと太ってしまうんです。炭水化物はほどほどに摂りながら、バストアップに効果的な、イソフラボンの豆乳製品、乳製品、果物なども一緒に摂取して見てくださいね。

ご飯、コメの成分

「パン」→カロリーが高いというのが一番のデメリットですが、小麦粉には食物繊維が多く含まれているため、食べすぎはよくないですが、バストアップには効果的と言えます。

「コメ」→コメはパンと比べ、栄養素が豊富です。糖質、ミネラル、ビタミンB、ビタミンE、鉄分、マグネシウム、カルシウムも含まれます。中でも玄米だとカロリーも低く、白米と同じくらいの栄養素のため、ダイエットをしながら、バストアップもしたい方にはとてもいい炭水化物です。

コメと一緒に食べると効果的な食品

梅干しは1日1個食べると医者いらずと言われるほおど昔から健康にはいいとされてきましたが、梅干しはバストアップ効果もあるのです。梅干しに含まれる「クエン酸」は疲労効果があり、ストレス解消とも言われています。また、血液をサラサラにする効果もあり、腸内環境を整えてくれることでも有名です。そんな梅干しと一緒にご飯を食べることで、素朴ですが、バストアップには効果的な食事なのです。

まとめ

日本人にとっては馴染み深いコメですが、バストアップには効果的だったのです。ほとんど洋食文化が出てきて、パンをお食べる日本人も多くなってきましたが、パンを食べるなら和食のコメを食べた方が効率よくバストに栄養素を入れることができるのです。

また、コメにはビタミンB、ビタミンEも含まれているため肌にハリが出てふわふわマシュマロバストになります。コメだけを食べても一気にバストアップはしないんので、普段の生活からコメと、大豆、ささみの鶏肉、脂分のオリーブオイルなども一緒に摂るといいかもしれないです。普段パン生活をしている方は週に3回くらいは和食を取り入れて見てくださいね。

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る