kojima-021

バストアップ成功者が語る豆乳の効果

151207papimami03-600x400

こんにちは、MAIです。今回は「バストアップ成功者が語る効果的な食事」ということで実際にバストアップに成功した人の話をしていこうと思います。今回の主人公となる人は私の教え子でもあり、後輩でもある富田さんです。

富田さんの紹介

富田さんは私の大学時代のダンスサークルに所属していた時の後輩です。自称Bカップで見た目Aカップでした。体型は痩せ型でどちらかといえばガリガリ気味。足はモデルみたいに細い。生まれてから体重が48kgを超えたことがない。身長は157cm。食べても食べてもあまり太れない。体重が増えても数日後には戻ってしまう。太れないことが逆に悩み。

豆乳を飲んで実際どのくらいバストアップに成功したのか

結論を言うと、2ヶ月半くらいで見た目Aカップから見た目Bカップになりました。ハリが出てふっくらとして実際に大きくなりました。触り心地も「Bカップ!」と言う感じです。少し硬かったバストも弾力があってモチモチしていました。

バストアップに成功した理由として考えられることが2つあります。豆乳を飲んだからこそ得られた結果だと言っても良いと思います。(本人曰く、他にもマッサージ等を自主的に行っていたようですが・・・。)

豆乳を飲んでバストアップに成功したと考えられる理由(1)

豆乳を飲んでバストアップに成功したと考えられる理由の1つ目は「女性ホルモンの分泌量が増えたこと」です。貧乳ガリガリ女子だった富田さんは栄養不足も相まってか肌荒れがひどく、ニキビ絶えずにありました。肌荒れは女性ホルモンが不足している、ホルモンバランスが乱れている証拠ですね。

ですが、豆乳を飲み始めてからというもの徐々にニキビの数も減っていき、潤いがあるもっちりとした肌になっていきました。美肌の人がバストアップしやすいのもこれと同じ理由です。女性ホルモンの分泌量が少なかったことが原因です。大豆イソフラボンに含まれているエストロゲンを意図的に増やしたことで改善していきました。

女性ホルモンの分泌量はその人の肌を見れば多いか少ないかは大体わかります。肌が乾燥していたり、肌荒れをしている人は大抵女性ホルモンの分泌量が少なかったり、ホルモンバランスが乱れています。

豆乳を飲んでバストアップに成功したと考えられる理由(2)

豆乳を飲んでバストアップに成功したと考えられる理由の2つ目は「整腸作用が働いたこと」です。豆乳も乳製品ですし、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。腸内環境が整うことで栄養の吸収率があがります。胸を含めて全身に栄養を届けやすくなります。ガリガリ体系であまり太れないと言うことは栄養不足が考えられます。加えて、富田さんは便秘だったので腸内環境を整えることは必須事項でした。

そして腸内環境が整うと女性ホルモンも活性化され、ホルモンバランスも整ってくるので、よりバストアップしやすい体質に変わって行ったことがわかります。大豆様様といったところでしょうか。

まとめ

自主的に行っていたマッサージも効いたのか、一応2ヶ月半くらいで目に見える変化が得られました。見た目が変わると嬉しいですよね。何のためにやってるかって言われたら見た目を変えたいからという人が圧倒的に多いと思うので。バストアップは長期的に行っていくものなので辛抱強く実践して欲しいと思います。

女性ホルモンの分泌量を増やして、しっかりと栄養を吸収できるように腸内環境を整えられればバストアップしやすい体質に自然になっていきます。ガリガリ体系だけどバストアップに成功したいのであれば、「女性ホルモンを増やす」ことと「腸内環境を整える」ことが近道かもしれないです。

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る