kojima-021

垂れたバストのハリを取り戻す5つの方法

今回は垂れてしまったバストのハリを取り戻す方法について詳しく話していきます。胸が垂れてしまってハリがないと自信を持って洋服を切れないですし、大事な人や友達と海や温泉に行った時に恥ずかしいですよね。

ですが、萎んでしまった胸に再度ハリを持たせることは可能です。今回は自宅でもできる簡単な方法を5つ紹介します。もしかしたらこれで、萎む前よりもバストアップしてしまうかもしれません♪( ´▽`)

バストが垂れてしまう原因

ハリを持たせる具体的な方法を話す前に、バストが垂れてしまう理由について話しておきます。これを頭に入れておかないと再度垂れてしまう恐れがあるからです。

クーパー靭帯が伸びている

structure

バストの下垂の一番の原因と言ってもいいのが、クーパー靭帯が伸びてしまっていることです。クーパー靭帯が伸びてしまうと見た目からしてもおばあちゃんのおっぱいのように垂れて貧相に見えてしまいます。

クーパー靭帯を構成しているのはコラーゲン組織で大胸筋や乳腺を支えて綺麗なバストを保つ役割をしています。クーパー靭帯はある程度は伸縮するのですが激しい運動をしたりして伸びてしまったら切れてしまうと元には戻らないので気をつけて下さい。

下着のつけ方、サイズが間違っている

バストが垂れてしまう2番目に多い原因が、下着を正しくつけられていない、下着のサイズが間違っているということです。これはすぐに直せると思うので早く直してくださいね。

一番いいのは、下着専門店できちんと測ってもらい、その場で自分にあった下着を購入することです。ですが、地方に住んでいたり時間が取れない方は難しいと思うので下記の測り方を参考に自分で測ってみてくださいね。

ブラジャーのサイズはトップ(バストの一番膨らんでいるところ)とアンダー(胸のふくらみの下の部分)の差で決まります。この差でA60やB65というカップ数が決まります。

まず最初にメジャーか何かで胸の一番膨らみがある部分(多くの人が乳首近辺になると思います。)の胸囲を図ります。トップを測るときはお辞儀をするように90度腰を曲げて測りましょう。こうすることで、きちんとした正しいサイズが図れるようになります。

measure2

次にアンダーの測り方ですが、アンダーは胸の膨らみ始める下部の胸囲を図ります。だいたい、わき腹のあたりになると思います。この時に地面と水平になるようにしてください。そうでないと正しいサイズが測れなくなってしまいます。

実際にトップとアンダーを測ってみてその差が何センチあるのか確かめてください。

 1 0 cm Aカップ
12.5cm Bカップ
 1 5 cm Cカップ
17.5cm Dカップ
 2 0 cm Eカップ
22.5cm Fカップ

トップとの差が10cm以上ならAカップ、12.5cm以上ならBカップとなります。正しいブラを着けることが育乳に直結するのでこの機会に正しいブラジャーのサイズを見直してみてくださいね♪

ホルモンバランスの乱れ

乳腺を発達させるのは女性ホルモン(エストロゲン)です。ホルモンバランスが乱れてしまうと、このエストロゲンの分泌量も著しく低下してしまいます。分泌量が低下してしまうとそれがバストの下垂の原因になってしまいます。

そうならないためにも、日頃から生活習慣を乱さないようにしたり、ホルモンバランスが乱れないように食生活も含めて見直してみてください。

姿勢が悪い

猫背

姿勢が悪いことでバストに悪い影響を与えてしまいます。特に、猫背というのはバストが垂れてしまう原因の1つです。最近はパソコンやスマホの普及によって猫背の人が増えてきているのも一因かもしれませんね。

猫背はおっぱいを支えている「大胸筋」を衰えさせて、綺麗なバストを形成するために必要な脂肪をつきにくくさせてしまいます。この大胸筋の衰えこそがバストを下垂させる最大の原因になっています。

なので、猫背の方は特に前かがみになりすぎないように細心の注意を払ってください。こればかりは常に意識して直すか、猫背矯正器具を使って直すほかありません。意識して直す努力をしてくださいね。

デコルテにハリを持たせる方法

胸(デコルテ)にハリを持たせる具体的な方法を紹介します。すぐにできる簡単なものを紹介しているので今日から実践してみてくださいね。早い人で2週間くらいでハリが出てくるのを実感できると思います。

これがハリを持たせるための基礎・基本になりますので、まずは試してみてくださいね。これだけであなたの胸にハリが出てきて大切な人に喜んでもらえたり、ボディラインのハッキリした服を着ても貧相に見えなくなります。

ホルモンバランス整える食事

バストアップにも欠かせない女性ホルモンを増やすことであり、ホルモンバランスを整えることです。これをだけでもデコルテに脂肪がつきやすくなってハリが出るようになります。女性ホルモンの増加、ホルモンバランスを整える食事方法をお話しします。

まず、バランスよく栄養を摂取しているというのを前提条件として話していきます。偏った栄養バランスでは胸も大きくなりにくく、ハリも出にくいことがわかっています。なので、栄養が偏らないような食事を心がけてください。それができているという前提でこれからの話を聞いてください。

ホルモンバランスを整える食材(1)

31497_original

まず、大事なのが「たんぱく質」です。植物性のたんぱく質を豊富に含む食材を摂取するのであれば『大豆製品』、動物性のたんぱく質を豊富に含む食材を摂取するのであれば『鶏肉』、『青魚(マグロ、サンマ、イワシなど)』の摂取頻度を増やしてみてください。

たんぱく質はホルモンバランスを整えてくれるほか、過剰に摂取したたんぱく質は脂肪に変わるのでデコルテに脂肪をつけやすいと言っても言い過ぎではありません。

ホルモンバランスを整える食材(2)

Cafegoogirl_61566_1

摂取した方がいい食材として挙げられるのが、『良質な油分』です。特にココナッツオイルやエクストラバージンオリーブオイルですね。これらの油は健康的な食材として注目もされていますが、バストアップにも注目されている食材です。

バストを構成しているのは9割の脂肪と1割の入線です。乳腺は脂肪の量に比例するのでバストアップやバストにハリを持たせたいのであれば、脂肪を増やすしかありません。もしかしたら太りにくい体質の人も少なくないともいます。

良質な油分を適度に摂取できれば脂肪がつきやすい胸にもなりますし、ホルモンバランスも整えてくれます。ですが、比較的カロリーが高いので摂取のしすぎには注意が必要ですね。

正しくブラジャーをつける

正しいブラジャーのつけ方に関しましてはこちらの動画で詳しく話しているのでこちらを参考にして正しくつけてみてください。実践すると盛れているように感じるかもしれませんが、これがあなたの正しいブラのサイズになります。

また、睡眠時はナイトブラを着けるようにしましょう。寝ている間もバストは重力に引っ張られているので、これもまた下垂の原因になってしまいます。綺麗なバストを保つためにもナイトブラの着用は必至です。

ナイトブラを持っていない場合には、普段使いのブラジャーでも着けないよりは着けたほうがいいです。ですが、形の形成・維持やバストにかかるストレスなどを考えるとナイトブラの方が良いと思います。

ハリを戻すバストケアマッサージ

under_bust

ここではハリを出すための簡単なマッサージ方法について動画で詳しくお話しします。これを行うだけで30代でも40代でもハリのある綺麗なバストを作ることができるので是非試してみてくださいね。

血流が良くなるのでホルモンの分泌量も増えて、早い人で約2週間くらいで効果を実感し始めるので毎日お風呂や空き時間にこれを続けてください。

まとめ

基本的にはクーパー靭帯が伸びきってしまっていたり、切れていない限りはバストのハリを取り戻すことはできます。切れている場合は修復は不可能です。切れていない場合は今回紹介したようなホルモンバランスを整える方法だったりマッサージをしてみてください。

早い人で2週間くらいで効果は実感できると思います。もう、どんな服を着ても貧相に見られることはありません。大切な人にも喜んでもらえると思いますよ(*^o^*)

ただ、すぐに結果が出るものでもないので、毎日継続してケアをすることで効果が出てくるのでとりあえずは続けてみてくださいね♪

MAI

シェアする

フォローする

トップへ戻る